【第1位】100万を4年9ヶ月で45億にしたEA。毎日200万、月収は6000万稼ぐEA
             販売価格:59800円
【第2位】勝率99.66%・連勝145回・年間収益2300万円『最強EAが登場』
             販売価格:8800円
【第3位】プログラミングができなくてもEAを簡単に作成することができます
             作成したEAの販売などは自由に行うことができます

             販売価格:8500円
【第4位】勝率87%、一日平均100~150pipsを目指す
             (TP)5~7pips、(SL)10pips前後でコツコツと稼ぐEA

             販売価格:7900円
【第5位】1年1ヶ月で資産残高10倍を記録
             固定ロット0.3で月利861000円を稼ぎ出すEA

             販売価格:8900円



利益11億円、損切り3Pipsでドローダウンも小さい超安定スキャルピングEA「BrahmaLogic_USDJPY」

損切りは3Pipsしかしないのに利益は11億円
ハイレバレッジ運用で爆益も夢じゃないEAが登場です。

→ BrahmaLogic_USDJPY


12年以上のバックテストでも安定した成績
収益と取引回数のバランスがとれたEAです。

狭い損切り幅のメリットを生かした複利運用のバックテスト結果では
純益10548971.23 USD(約11億円)


【複利運用のバックテスト】
バックテスト条件
・期間 : 2005/01/10~2017/04/28 (取得できるヒストリカルデータのMAX期間)
・スプレッド : 0.8 Pips
・運用タイプ : 複利(リスク 2%)
・初期証拠金 : 10000 USD
・ヒストリカルデータ提供元 : FXDD社

brahmalogic_usdjpy


複利運用で0.01ロット~1000ドル・10万円としても”1億円”
が期待できる結果ですね。


単利運用の場合でも安定したバックテスト結果で
損切りが浅いからか勝率は高くはないんですが
トレーリングストップで利益を最大限伸ばしているので
きれいな右肩上がりのグラフを描きます。

単利運用したときの注目点は最大ドローダウンで
わずか0.47%(58.68ドル)という安定している点です。

brahmalogic_usdjpy

BrahmaLogic_USDJPYの特徴は

・トレードスタイル : スキャルピング
・取引可能通貨ペア : USDJPY
・使用時間足 : 1分足
・最大保有ポジション数 : 5
・両建て : なし
・損切り : 1トレードあたり3Pips

でも弱点があります。

米国雇用統計時などは負ける傾向にあるので、これらの時間前後は
EAを停止したほうがいいんですが
「つい、うっかり」で大損したくない方は

経済指標時に自動的にEAを停止してくれるツールがあるのでおススメですよ。
「忘れてた!」で口座が吹っ飛んだ・・・なんて悲劇を防ぐための便利ツールです。
Forex_News_Filter(フォレックスニュースフィルター)2500円
>>このツールの詳細はこちら<<

たった2500円で大切な資金を自動で守ってくれるツールなので
ぜひ導入を考えてみてください→こちら


BrahmaLogic_USDJPYと組み合わせておけば弱点を自動でカバーしてくれます。

損切りが小さいので一発で口座が吹っ飛んだ・・・
なんて、悲しいできごとも回避できそうなので
自動売買初心者さんには、ストレスが少なくて良さそうですね。

BrahmaLogic_USDJPY 販売価格は9980円

>>BrahmaLogic_USDJPYの詳細はこちら<<


[ 2017/08/22 22:02 ] EA | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fxsatan.blog.fc2.com/tb.php/1778-b1367ac8